痛いくらい引き合うMagnetic Heart

ド新規柑橘色(黄色超濃いめ)ジャスミンの心の叫び

通じ合うB.A.Dに心を奪われた3/2。

 

こんにちは。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

 

今回は、「通じ合うB.A.Dに心を奪われた、3/2。」というテーマで書いていきます。

この日は、少年倶楽部、男前を目指せ、バズリズムと、ジャニーズWESTの番組が目白押しで、キラキラ輝く中間淳太くんと桐山照史くんをたくさん見ることができました。

新曲2曲のパフォーマンスに加え、少クラでは世界昔話も最高に盛り上がっていましたし、男前を目指せはまさかのB.A.Dで、嬉しい驚きでした。

淳太くんと照史が通じ合っていることが、はっきり表れていたシーンを中心にまとめてみました。

 

 

 

少クラで、ジャニーズWESTは「プリンシパルの君へ」を初披露しました。王子様のようなキラキラの衣装を身につけた7人はとても素敵で、特にセンターののんちゃんのかわいらしさが際立っていました。

淳太くんと照史も、楽曲の世界観そのままに、終始キラキラした笑顔で歌い踊っていました。Cメロの、電車ごっこのような振付では2人が前後で並んでいましたし、大サビ前の「無限に広がる世界へ」の時には、しっかりアイコンタクトをして、笑い合っている雰囲気が最高でした。

 

その2人の表情と雰囲気を見ていて、先日発売されたテレビ誌で、B.A.Dのこの楽曲の解釈が全く一致していたのを思い出しました。

「『世界を楽しめ 君は主役』というフレーズが、歌うたびに心に刺さっている」と照史が話し、「『あなたの人生はあなたが主役だから、何をしてもいい』と、聴く人の背中を押すつもりで歌っている」と言うと、淳太くんが「わかるわかる、一緒」と答えていたのです。

流星は、「自分の殻に閉じこもっている子の背中を押したい」と、優しくコメントしていました。B.A.Dの2人は、また少し違った優しさで、淳太くんが「無理して自分の殻を破らなくてもいいと思う」と話すと、照史が「焦らず、ありのままの自分で恋すればいい」と同意していました。2人が共通の思いを持っていることが、はっきり感じ取れました。

 

このテレビ誌のB.A.Dの写真は、どれもほんとうに雰囲気が良く、特に3人でマシュマロの食べさせあいっこをしているカットと、2人が頭を寄せ合っていて、照史の手前に流星がいるカットが大好きです。

 

 

「世界昔話」は美女と野獣でした。ジャニーズWESTのそれぞれのメンバーの持ち味が存分に活かされていて、笑いと感動が止まらない、素晴らしいクオリティーでした。

相変わらずチャラ男キャラを貫くのんちゃん、珍しくボケ倒して神ちゃんまで戸惑わせる流星、IKKOさんのモノマネで笑わせたかと思うと、「Beauty and the Beast」を濱ちゃんと完璧に再現する神ちゃん、山崎育三郎さん役で出てきてふざけ倒すしげ、自ら主役のイケメン王子に名乗り出て、会場全体を魅了するハーモニーを神ちゃんと奏でてくれた濱ちゃん。みんなほんとうに素敵でした。

 

個人的にいちばん笑えて、会場もかなり盛り上がっていたのが、照史が「不思議な家財道具たち」を、1人で3役演じ分けていたシーンです。よく動くロウソク立て、ティーカップのわんぱく坊主、そのお母さんのポット夫人を、本家のキャラクター顔負けの勢いで披露した照史の器用さが光り輝いていて、見守るメンバーも感心しながら大爆笑していました。

照史の演技力と世界観を「さすが!」とストレートに褒め続け、この上なく優しい笑顔で見守る淳太くんと、ひとつのキャラを演じ終わるたびに、「次は何?誰?」と言いたげな笑顔で、進行する淳太くんだけをまっすぐ見つめていた照史が印象的で、ここでも2人が通じ合っていることを実感しました。

 

 

深夜に放送されたバズリズムで、ジャニーズWESTは「ドラゴンドッグ」を披露しました。初めて見るダンスと、ひとりひとりの表情、歌い方、衣装が相まって醸し出される、男っぽい強烈な雰囲気に圧倒され、「プリンシパルの君へ」とのギャップに、完全にやられてしまいました。

男前を目指せのフリートークで、B.A.Dは2人とも、新曲では「ドラゴンドッグ」のほうが好き、と意気投合していました。魂で歌っている、男になれた感じがして、ロック調でかっこいい、と盛り上がっていました。

その意識を共有しながらパフォーマンスしていたからか、照史のギラついた雰囲気と、淳太くんのメラメラ感が光っていたように感じました。普段の、柔らかくて温かい、時には女子っぽいと思えるほどかわいらしい2人の姿とのギャップに、あらためて落ちてしまいました。

 

 

 

2/22のレコメンで、「仕事に関しては、考え方が似ている」とお互いに認め合っていたB.A.Dならではの空気感が、どのパフォーマンスからもはっきり伝わってきた、幸せな1日でした。来週のMステも楽しみです。

 

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。