痛いくらい引き合うMagnetic Heart

ド新規柑橘色(黄色超濃いめ)ジャスミンの心の叫び

爆笑の連続、ジェットコースターみたいなレコメンから伝わる、B.A.D.の相方愛。

 

こんにちは。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

 

今回は、「爆笑の連続、ジェットコースターみたいなレコメンから伝わる、B.A.D.の相方愛。」というテーマで書いていきます。

 

 

 

11/15のレコメンは、内容が盛りだくさんで、予想外の展開が多く、中間淳太くんと桐山照史くん、そしてのりさんが終始とても楽しそうでした。何度も爆笑が起こり、聴いていてつられ笑いしてしまいました。

そんな雰囲気の中から、B.A.D.の相方愛がはっきり表れていたように感じた、印象深いシーンをまとめたいと思います。

 

 

 

この日、淳太くんはヒルナンデスとレコメンの間にOggiの取材があった、と話していました。淳太くんがOggiのスタッフさんから、ちょっとしたプレゼントとしてコーヒーをもらったこと、そのスタッフさんがレコメンを聴いていて、「『タダだからコーヒーをたくさん飲む』と話していたので、家でも飲むかなと思って…」と言われたことを話し、「タダだから飲んでるんじゃない。発言に責任を持って」と力説していました。

でも、照史が続けて、「車、一緒でしたけど、コーヒーすごく喜んでましたよ」と言うと、淳太くんは「うん」と笑い、「家でも飲める」と嬉しそうに話していました。淳太くんの取材の後、マネージャーさんの車で、一緒に文化放送に来たのかな、と想像し、きっと車の中でも楽しくおしゃべりしていたのだろうな、と思いました。

さらに淳太くんが、「照史はいぶりがっこをもらった」と話していたのを聴いて、照史もOggiのスタッフさんと親しくなっているのか、もしくは淳太くんが「照史はいぶりがっこが好き」とスタッフさんに伝えていたのか、どちらにしても素敵なことだな、と嬉しくなりました。

Oggiのスタッフさんは、Jr.時代から淳太くんに注目していた方なので、きっと照史のことも、そして淳太くんと照史の関係性についても、熟知しているのかな、と感じました。

 

 

メールテーマは「食にまつわるどっち派」でした。ルーとご飯が別々のカレーを食べる時に、少しずつかけるか全部一度にかけるか、という例題で、のりさんと淳太くんは少しずつ、照史は全部一度にかける、と答えが分かれました。

淳太くんは、照史がルーを一度に全部かけることや、全体を混ぜて食べることもよく知っていて、照史がそのことを話すと「そうやんな。混ぜて食べるもんな」と、とても優しく相槌をうっていました。のりさんが、「(そんな食べ方だと)デートが雑そう」といじった時も、一緒になっていじらずに、「なんでよ?ええやん」と援護したり、優しく笑ったりするだけだったのが印象的でした。

 

23時台は、3人それぞれがもんじゃを作る、という企画でした。1人ずつ順番にブースの外に出て、オリジナルのもんじゃを作っていて、とても楽しそうでした。

淳太くんの番になった時、照史が「淳太くん、もんじゃ作れるの?」と笑いながら聞くと、淳太くんは「作れるよ!」と答えていました。リスナーさんからも「料理をするイメージがない」と言われていましたが、スムーズに調理している様子が聴こえていました。

作りながら、「めっちゃいい匂い!これ絶対美味しい!」と言う淳太くんに、のりさんが「それ、餃子を焼いてる匂いでしょう?自分で作ったんじゃない」とツッコむと、照史がとても優しい、愛おしさのこもった声で、「たまに淳ちゃん、天然なとこ出るからなぁ」と言い、突然の「淳ちゃん」呼びにびっくりしました。

淳太くんに「どう?」と聞かれた照史は、想像より味が薄かったものの、「美味しくない」といったネガティブなことは一切言わずに、「餃子が入ったところを食べたら、味がちょうどいい。美味しい」と答えていたところにも、優しさや気遣いを感じました。

照史が作る番になり、とても軽快な調理の音が聞こえてきたので、淳太くんが「鉄板焼き屋さんの音がする。照史はほんとうに上手」と、ストレートに褒め始めました。そしてのりさんに、「桐山が料理してるところ、見たことあります?」と聞き、のりさんが「ない」と答えると、「粉もんを作らせたら天下一ですよ」と自慢げに話して、褒め倒していました。

タコスミートとご飯も入ったオリジナルもんじゃを、淳太くんは「何これ?めっちゃ美味しい」とずっと褒め続け、どれがいちばん美味しかったかを選ぶ時も、「タコスもんじゃ」と即答していました。照史は、のりさんの作った明太もち大葉もんじゃを選びかけたので、淳太くんに「火を通した明太子は苦手って言ってたのに!それが発端でこの企画になったのに、明太入り選んでる!」とツッコまれていて、聴いていて笑ってしまいました。「もう少し味が濃かったら、淳太くんの餃子入りもんじゃが美味しいと思う」と照史が話すのを聴いて、お互いに相方のもんじゃを絶賛し合っていたところが、ほんとうにB.A.D.らしいな、と思いました。

 

点呼テレフォンは、初めて男性リスナーと電話が繋がり、整形についての話も盛り上がって、B.A.D.がとても楽しそうに、時間を忘れて話していました。

 

 

24時台には、ちょうど収録に来ていたNEWSの小山くんと増田くんが2回も参加して、笑いの絶えないやりとりが続きました。その雰囲気に引っ張られて、プロフィール帳のコーナーやレコメン相談部も、ずっとテンションが高いままでした。

エンディングで、淳太くんは少し疲れた様子でしたが、何度も「今日は楽しかった」と話していて、曲が流れている間やCM中も、笑い続けていたのかな、と想像しました。

「たい焼きのしっぽは食べない」と説明する淳太くんに、照史がボケ続けると、淳太くんがいつもより大きめな声で「うるせえなぁ!」と返したので、のりさんも照史も大爆笑で、「すぐキレるんだから…」と言うと、淳太くんはすぐいつもの優しい声に戻り、「別にキレてないよ」と答えていました。

その後に照史が、感心したような声で、「たい焼きのしっぽは食べないんや」と言い、淳太くんもあらためて「うん、食べないんよ」と言っていました。続けて照史が、たい焼きの皮は厚めが好き、クロワッサンたい焼きも美味しい、と、B.A.D.の2人が共感できることを話していて、甘いものはあまり食べないけれど、淳太くんの食の好みをよく知っていることが伝わってきました。

 

 

最初から最後まで、照史と淳太くんがほんとうに楽しそうで、相方愛をしっかり伝え合っていた、素敵な3時間でした。レコメンは、2人の関係性がいちばんはっきり表れているように思えるので、何度も聴き返して幸せな気分に浸りながら、次回の放送を楽しみに待っています。

 

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

B.A.D.の自然な相方愛と多幸感に萌える。

 

こんにちは。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

 

今回は、「B.A.D.の自然な相方愛と多幸感に萌える。」というテーマで書いていきます。

11/8のヒルナンデスとレコメン、11/10深夜のエージェントWESTで、中間淳太くんと桐山照史くんの相方愛や多幸感が自然にあふれていたシーンをまとめました。

 

 

 

毎週木曜日は、照史と淳太くんが5時間生放送を担当しています。すっかり慣れて、当たり前に感じてしまうのですが、よくよく考えると、文字通り1日中一緒にいる感覚なのかもしれません。

もちろん、個人のお仕事や舞台の見学など、それぞれが違う予定で動く日もあるとは思います。でも、OnAirだけで5時間なので、その前後の時間やロケ、食事なども合わせると、もうずっと2人で一緒、という感じで、レコメンでの仲良し感が毎週更新されているのも納得です。

以前に雑誌のインタビューで、「木曜日は毎週一緒だけど、『今日は話したくない』という日はある?」と聞かれて、淳太くんが「絶対ない!」、照史も「熟年夫婦じゃあるまいし」と答えていたことや、レコメンでお互いの好きなところを質問されて、照史は「自分を理解してくれるところ」、淳太くんは「空気感。一緒にいて純粋に楽しい」と即答していたのを思い出しました。きっと2人は、一緒にいるほうが楽、という関係性なのかな、と想像して、幸せな気持ちになります。

 

 

11/8のヒルナンデスでは、出演者が眼トレに挑戦していました。淳太くんは得意分野だったようで、真っ先に手を挙げ、正解を連発していました。照史が進行役だったので、「淳太くん早かった!」「今回も淳太くんがいちばん早いですね」と、何度も淳太くんの名前を嬉しそうに呼んでいたのが印象的でした。

ゲストの亀梨くんにプレッシャーをかけられて、可愛らしくボケた淳太くんに、照史がすぐ隣まで行って、「汁そばじゃないわ!」と楽しそうにツッコんでいたのもB.A.D.らしかったです。

「今日は何の日?」のヒントを出す照史を、淳太くんが優しい笑顔でのぞきこむように見つめていたり、最後のギャグが少しウケてガッツポーズをする照史を優しく見守る淳太くんからは、ナチュラルな相方愛が伝わってきました。

 

 

レコメンでも、オープニングから雰囲気の良さが抜群でした。神ちゃんが作詞作曲した、初解禁の「We are WEST!!!!!!!」を絶賛した後、照史が「俺さ…」と話し始めると、淳太くんが少し低いトーンの優しい声で、「うん、どうした?」と相槌をうっていました。22時台のオープニングは大抵、照史が近況を勢いよく話し、淳太くんが聞く、というパターンが多い気がします。淳太くんの相槌はとても自然で、きっと普段の会話でも、照史が話したいことがある時には、こんな風に優しく聞いてあげているのかな、と思いました。

のりさんが、照史が沖縄で買ってきたお土産の個数に文句をつけていた時に、淳太くんはずっと「別にええやん!こんなに考えて選んだのに!」と、照史の援護をしていました。照史がのりさんと一緒に、「淳太くんはいつも文化放送のコーヒーを3杯飲む」と楽しそうにいじると、「いっつもそればっかり言う!」と言い返しつつ、淳太くんも楽しそうで、つられて笑ってしまいました。

何も言わずにさりげなくお土産を置く淳太くんと、「買ってきたよ〜!」とにぎやかに置く照史の対比も、いかにもB.A.D.らしかったです。

 

淳太くんは、「他に行く日がなかったから」と、ヒルナンデスの後に濱ちゃんの舞台を観に行っていて、食事をする暇がなかったようでした。QRzoneの間に控え室で急いで食事をして、wink upのコーナーに入ったのですが、話し始めの声がガッサガサで、一瞬ウノTさんが話しているのかな?と思うほどでした。すかさず照史が、「声、どうしたん?」と笑いながらツッコみ、淳太くんが「カレーで喉をやられて…すいません」と説明していました。

プレゼントのキーワードを言う時に、照史がコーヒーのくだりを引っ張って、いたずらっぽく「妖怪コーヒー飲み」と言い、淳太くんがいつものようにリピートする前に、「…誰が『妖怪コーヒー飲み』や!」と切り返していて、笑えました。

 

メールから、餅つき機の値段の話になり、のりさんが「3台買ったら45000円する」と言うと、B.A.D.が同時に「なんで3台買うねん」とツッコんでいて、相変わらず息がぴったりでした。

お餅に明太子をのせると美味しいというメールが届き、もんじゃの話に発展した時、照史と淳太くんは明太子とチーズに関しては好みが合わなかったものの、「ベビースターは最後にトッピングしてカリカリ」「にんにくがいちばん美味しい」という点では意見が一致し、のりさんと対決する構図になっていました。

淳太くんが自分と同じ意見を言うと、照史が拍手をして同意したり、とても得意げに「ほれみぃ!」とのりさんに言ったり、2人で「(のりさんは)わかってへんわ、なぁ」と言い合ったりと、自然な相方感が伝わってきました。

 

24時台のオープニングで、「We are WEST!!!!!!!」の初解禁がいつか、という話になりました。「後半、最後のほう」と言う照史に、淳太くんが「わかりませんよ。もしかしたら、この後すぐかけるかも…」と言うと、照史が「いや、それは台本に書いてないんで、多分違いますね」と答えました。すると淳太くんは、とても優しく、少し甘えたような声で、「言わないの!」と返し、照史も小さな声で「ああ、言わないの…」と答えていて、なんとも言えない2人らしい雰囲気に萌えてしまいました。

 

プロフィール帳のコーナーでは、照史が聞きながら「ちょっとめんどくさい人やな…」とつぶやいていたリスナーさんが照史のファンだったので、淳太くんが大喜びで照史のつぶやきにツッコんでいました。照史のリアクションを見て、心底楽しそうに笑う淳太くんの笑い声は、多幸感にあふれているので、聴いていてこちらも笑顔になります。

 

神ちゃんとの電話のやりとりもとても楽しく、2人が神ちゃんの才能を認めて、具体的に褒めていて、メンバー間の関係の良さがはっきり表れていました。淳太くんも照史も「神アルバム」と断言していたとおり、「We are WEST!!!!!!!」や「Drift」を聴いただけでも、クオリティの高さに圧倒されました。

今朝のワイドショーでは、特典映像も一部公開されていて、おそらくB.A.D.のコントがありそうだったので、発売がますます待ち遠しくなりました。

 

 

 

エージェントWESTでは、メンバーがスタジオで「ドレミの歌ゲーム」をしていました。シンプルなゲームでも全力で楽しむジャニーズWESTが素敵で、しかも濱ちゃんや流星のリアクションが面白くて、ずっと笑いながら見ていました。

2回ゲームをしたのですが、1回目は照史が、自分が「ミ」を歌った後、淳太くんに「ミ」と回していました。2回目は淳太くんが、自分が「ミ」を歌った後、全く同じように照史に「ミ」と回していて、偶然だったとしても、とにかく楽しそうな2人が印象に残っています。

 

 

 

テレビでも、ラジオでも、他のメンバーがいてもいなくても、淳太くんと照史の間には、自然に相方愛や多幸感があふれています。そんなシーンを見聞きするたびに、2人のファンになって良かった、とあらためて感じます。

 

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

B.A.D.の唯一無二の関係性に癒される。

 

こんにちは。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

 

今回は、「B.A.D.の唯一無二の関係性に癒される。」というテーマで書いていきます。

11/1のヒルナンデスとレコメンを中心に、桐山照史くんと中間淳太くんの特別な空気感に癒されたシーンを、順不同でまとめてみました。

 

 

 

ヒルナンデスの時、淳太くんは伸びてきた髪を綺麗に巻いていて、中性的な美しさが際立っていました。照史は茶髪でしたがパーマではなく、オールバックにしていて、バリバリの男らしさが淳太くんと好対照で、並んでいるだけで「B.A.D.だ」という印象でした。

 

冷え性改善のコーナーで、照史が南原さんに髪型をいじられていた時、離れた位置に座っていた淳太くんは、しっかり振り返って照史のことを笑顔で見守っていました。

淳太くんが横山くんにいじられると、今度は照史が、やはり優しい笑顔で見守っていて、お互いのことをしっかり見ているな、と感じました。

 

料理コーナーで、淳太くんが中華風ホイップクリームを試食して食レポした後、照史がシフォンケーキの食レポをしました。この時はB.A.D.が並んで座っていて、照史はケーキを一切れ食べた後、「ちょっとつけさせて!」と、淳太くんが持っていたホイップクリームにつけてもう一切れ食べ、「美味しい!」と言っていました。

タイミング良くクリームを差し出す淳太くんと照史は、さすが阿吽の呼吸でしたし、その後の視線の動きや顔の向きも完全にシンクロしていて、ほんとうにB.A.D.らしいな、と思いました。

 

「今日は何の日?」のヒントを出す照史を見つめる淳太くんの表情は、とても嬉しそうでにこやかで、女の子のように可愛らしかったです。

放送後は、目撃情報や、レコメンでの2人のトークから、久しぶりに2人一緒のロケだったことがわかり、放送が待ち遠しくなりました。

 

 

 

レコメンは、野球中継が延長になり、23:10まで文化放送以外の局だけでの放送でした。それもあって、オープニングから普段以上にリラックスした雰囲気だったように感じました。

ヒルナンデスが終わってから、ロケが始まるまでのおそらく数時間のうちに、照史が渋谷に行って淳太くんへの誕生日プレゼントを買ってあげようとしていた、という話を聴いて、相方愛の強さがひしひしと伝わってきました。

結局、パーキングが高すぎて車を停められず、「今日は買えなかったから、もうしばらく待って」と申し訳なさそうに話す照史に、淳太くんは優しく、「全然いいよ」とフォローしていました。

きっと照史は、淳太くんに何を買うか既に決めていて、淳太くん本人にも伝えているのかな、と思いました。そして、淳太くんがOggiで、メンバーに買った誕生日プレゼントは全て、自分にも色違いで買った、と書いていたのを思い出し、照史に贈ったブルドッグの形のスピーカーを、淳太くんも色違いでお家に置いている様子を想像して、萌えてしまいました。

 

淳太くんがクールな発言をする度に、照史とのりさんが「中間劇場」と言っていじるのですが、いじられる淳太くんもいじる照史もほんとうに楽しそうで、聴いていて和みました。

「子供にプリンセスの格好をさせたい」という話の流れで、のりさんが「中間くんがするんじゃないんだね」と笑いを取ると、照史が「なんで淳太がラプンツェルすんねん」と、ナチュラルに呼び捨てしていたのも印象的でした。

 

24時台に、珍しく淳太くんが曲紹介を間違えてしまいました。この日はイレギュラーな放送だったので、進行も台本通りではなく、淳太くんはかなり神経を使っていたと思います。さらに、比較的遅い時間にヒルナンデスのロケをしていて疲れていたうえに、お寿司を食べたり物産展のコーナーがあったりして、お腹もいっぱいになっていたからかもしれません。

イントロを聴いて、「あ、違った」と焦る淳太くんに、照史は全く動じた様子もなく、「ええんちゃう?終わってから(タイトル言えば)…」と返し、淳太くんも「終わってから…」と言っていました。自由に楽しむ照史の手綱を淳太くんが引いているのもB.A.D.らしいですが、たまにミスをして余裕をなくしている淳太くんを、照史がどっしり構えて包み込むようにフォローするのも、2人の唯一無二の関係性が表れているように感じて、大好きです。

 

メールから、苦手な音はあるか?という話になった時、照史は自分のことを話す前に、「淳太くんは、発泡スチロールの擦れる音、苦手やな」と、淳太くんのことを話していて、好きなものも苦手なものもしっかり把握していることが、あらためて伝わってきました。

 

 

照史と淳太くんは、意見が違う時に、自分の考えにこだわることはあっても、相方の考え方を一切否定しないところが素晴らしい、といつも思います。

先週のレコメンで、お花のプレゼントに関するトークがかなり発展し、メールもたくさん届いていました。淳太くんはもともと、お花のプレゼントが好きですが、照史はいまいちピンときていない感じでした。「ケンカの後に彼氏からお花をもらって、仲直りできて嬉しかった」というメールにも、腑に落ちないリアクションをする照史に、淳太くんはものすごく優しいトーンの声で、「どう?いい彼氏じゃない?」と語りかけ、温かく笑っていました。

エンディングで、照史が「いい悪いはともかく、今度はプレゼントにお花を添えてみようかな」と話していたのを聴いて、自分とは正反対の感覚を持っている相方の考え方に自然に寄り添おうとする雰囲気が感じられて、2人は15年以上、ずっとそうしてきたのだな、と想像し、感慨深く思いました。

 

 

 

これからも、B.A.D.の唯一無二の関係性が表れるシーンを、たくさんたくさん知っていきたい、とあらためて感じました。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

照史のことが大好きな淳太くんが可愛い。

 

こんにちは。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

 

今回は、「照史のことが大好きな淳太くんが可愛い。」というテーマで書いていきます。

 

中間淳太くんと桐山照史くんは、お互いのことを頻繁に「相方」と呼び合い、特別な気持ちを抱いていることをストレートに伝え合っています。

B.A.D.のことを知ってすぐは、照史の愛が重いように感じていましたが、ここ最近、淳太くんが様々なシーンで「照史大好き!」という気持ちをはっきり表しているように思えて、その素直さがほんとうに可愛らしく、2人の関係性にますます惹かれています。

10/25のレコメンも含め、ここ数週間で印象に残った淳太くんの言動をまとめてみました。

 

 

 

淳太くんは、先日までのbayじゃないかに引き続き、のんちゃんと一緒にもぎ関を担当しています。最年長と最年少、年齢差9歳を全く感じさせない、仲良しで温かいやりとりもあれば、やはりジャニーズWESTの長男と末っ子だな、と思える時もあり、楽しく聴いています。

 

2週間前の近況報告で、照史が「ライオンのあとで」に出演している、という話になりました。のんちゃんが、「ヒルナンデスで見たけど、髪型と髭がかっこいい。照史が茶髪は珍しい」と言うと、淳太くんが「珍しいやろ?」と自分のことのように答えた後、「俺はぶっちゃけ、髭があるほうが好き。WESTの中でもずば抜けて似合っている」と断言していたのが印象的でした。

また、のんちゃんが入所して間もなく、「ごくせん」に出演していた照史と淳太くんからもらったサインをなくしてしまった、と話すと、「セットで売ったやろ?イッチーとクラで」と冗談ぽく返していました。

 

先週の楽曲特集は、ライブDVD発売直前だったこともあり、「WESTival」の中からそれぞれが好きな曲について語っていました。淳太くんが「パラパラチャーハン」を挙げて、「曲に入る前の映像がすごく良かった」「完成した映像をメンバーみんなで見て笑った」と話し合っていました。すると淳太くんが、「照史が片手で卵を割ってるところがすごく良かったから、動画をもらった」と言ったのです。

以前にも、myojoで流星がメンバーをプロデュースして、照史がラーメン屋さんに扮していた写真を見て、淳太くんが「この写真欲しい。キッチンに貼りたい」と言っていたのを思い出して、ほんとうに照史のことが大好きなんだな、とあらためて感じました。

 

 

なにわぶ誌でも、2人揃って愛犬とのツーショット写真を載せてくれていました。内容からして、2人とも10/21、淳太くんの誕生日当日、照史の舞台の大千穐楽の日に書いたのかな、と思いました。2人がたまたま、シーサーくんと、ジュエルちゃんとの自撮りを載せたい、と同じタイミングで思ったのか、「載せよう」と示し合わせたのかはわかりませんが、とても嬉しかったです。

また、照史は「相方さん、ハッピーバースデー」と書き、淳太くんは「1番最初の連絡は、桐山さんからだった。フライングだけど、舞台期間中で早く寝ないといけないからわかる」と書いていて、それぞれの嬉しさがはっきり伝わってきました。

 

 

 

10/25のレコメンで淳太くんの誕生日の話題になった時に、照史が淳太くんのなにわぶ誌を読んだ、とはっきり言っていて、淳太くんは「フライング。メール送るの早すぎるでしょ」とツッコみつつ、声のトーンはとても嬉しそうで、相方が真っ先にメールをくれたことを喜んでいる様子が伝わってきました。

 

ツアーやアルバムのことを楽しそうに2人で話したり、テーマメールを読んで照史が「暴走」しそうになるのを笑いながら止めたり、「照史はとても髭が似合う。俺も髭があるほうが好き」と力説したり、風磨くんのいじりを「聴いていないからわからない」と言いつつ、ほんとうは聴いていて、2人でツッコみ返したりと、抜群の雰囲気の良さがあふれていました。

 

プロフィール帳のコーナーでは、照史とのりさんがさっぱり見当もつかない様子だったのに、淳太くんは「照史だと思う」と予想して、見事正解していました。「照史は松坂桃李くんに似ている」と何度も繰り返し言っていて、照史のことをイケメンだと思っているのだな、と思いました。

 

注射が苦手なリスナーさんからのメールが届き、話が発展して、照史が「注射より、喉を見られるのがとても苦手。えずいてしまう」と言うと、淳太くんが「照史、喉の下を触られるのも苦手やな。帽子やかぶりもののヒモとか」と続けて話していて、照史のことなら何でも知っている、という気持ちが表れていたように感じました。

 

 

 

DVDの「未来ダイアリー」では、いつものMCの時の並び順と一緒で、B.A.D.は端と端に座っていましたが、何度もアイコンタクトを取りながら話したり、進行役の流星をさりげなくサポートして話を回したりと、2人のコンビネーションが光っていました。

照史が引いたお題を見て、淳太くんがワイプで「これは覚えてる!」と言ったり、照史が「熱すぎるハグをする」というお題を引いた時にとても嬉しそうな顔をしていたり、最後の北海道で2日続けてミッションを完璧に果たした照史を絶賛したりと、直接絡むことは少なくても、淳太くんの照史に対する強い思いがしっかり表れていて、絆の深さを実感しました。

 

 

 

先週のレコメンに、濱ちゃんが出演していました。もう15年以上の付き合いになる3人ですが、照史のボケに対する淳太くんのリアクションに、濱ちゃんが笑ったり驚いたりしていたのが意外でした。

それを聴いて、濱ちゃんと3人の時やジャニーズWESTのメンバーと一緒にいる時と、照史と2人きりの時とでは、淳太くんの精神状態が全然違うのかもしれない、と想像しました。

淳太くんは、メンバーからいじられることもあるとはいえ、やはりジャニーズWESTの長男として全体を俯瞰で見たりまとめたりできる、しっかりしていて頼れる存在です。でも、レコメンで照史と2人だけになると、自由になったり、笑いが止まらなくなったり、時には照史に甘えたりと、全く違った面を見せてくれて、2人の素の関係性が垣間見える気がします。

 

淳太くんが、レコメンで素を出して、自分のストレートな気持ちを伝えた時、照史はいつも優しく受け止めて、同じく素直に感謝したり、淳太くんへの思いを言葉にしたりしていて、ほんとうに素晴らしいな、と思います。毎週3時間、B.A.D.が2人きりで語り合ってくれるこの時間は、聴いているほうが感じる以上に、2人にとって大切なのだろうな、と想像しています。

 

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

笑いと相方愛でいっぱいの、レコメンスペシャルウィーク。

 

こんにちは。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

 

今回は、「笑いと相方愛でいっぱいの、レコメンスペシャルウィーク。」というテーマで書いていきます。

10/18のレコメンは、ゲストにジャニーズWESTの濱田崇裕くんを迎え、桐山照史くん、のりさん、スタッフさん全員が参加した、中間淳太くんの誕生日祭でした。

明るく楽しい笑い声の中、B.A.D.の相方愛が表れたやりとりがたくさんあり、あっという間の3時間でした。個人的に印象に残ったシーンをまとめてみました。

 

 

 

22時台のオープニングは、リラックスした柔らかい、B.A.D.らしい雰囲気で始まりました。トークを聴いていると、照史と淳太くんはヒルナンデスの後、WESTのお仕事をして、濱ちゃんとのりさんと4人で食事をしていたことがわかり、朝からずっと一緒にいたのだな、と思いました。

照史の声には、淳太くんをいじる時でも、優しさと嬉しさがあふれていて、照史の誕生日祭のレコメンの時の淳太くんと同じだ、と思いながら聴いていました。

 

のりさんが、「ライオンのあとで」を観に行った話の流れで、淳太くんに「後で再現してあげる」と言うと、淳太くんが「内容は言わないで!絶対観に行くから」と、全力で答えていました。照史が嬉しくなったのか、「あと3回大阪公演があるけど、3回(観に来る)とかやめてよ」と続けると、淳太くんは「なんで大阪で全ステすんねん」と言いつつ、「誕生日またいで行こうかな。30歳最終日と、31歳1日目」と答え、B.A.D.が楽しそうに笑い合っていたのが印象的でした。

 

のりさんが、「5000円で、じゅんちゃんが喜ぶプレゼントを選ぶのは大変だった。じゅんちゃん、純金だから」と笑いを取ると、照史も「5000円で買えるものはたくさんあるけど、淳太さんだから…」と続けました。淳太くんが2人のボケに乗っかって、「お財布の中、諭吉しか入ってない」と言い、濱ちゃんが「そんなばかな?!」と楽しそうにリアクションしていました。すると照史が、「目の前に、福沢諭吉を演じたやつがいる」と言ったので、淳太くんがとても嬉しそうな声で、「ほんまや!相方、諭吉やから、わたくし」と答え、照史も嬉しそうに、「相方が諭吉って面白いな」と呟いていました。

 

ニュースネットワークで、「いい男の条件」に幾つ当てはまるか、4人が考えていた時、照史と淳太くんは、それぞれが答えている間、ずっとお互いに「わかる。そういうとこある」と言い続けていて、ほんとうに相方の性格や行動を熟知していることが、あらためて伝わってきました。

 

「淳太くんは良いパパになりそう」というメールが読まれると、照史がすぐに同意していて、この日のヒルナンデスのロケの話に触れていました。淳太くんがベビーシッターのお仕事を体験しに行ったVTRの間中、ワイプに映る照史は、眉毛を下げた優しい笑顔で見守っていて、ワイプに映っていない時でも、「パパに見える!めっちゃ癒される!」と、嬉しそうに話していて、VTRが終わった後も全力で拍手していました。

 

お兄ちゃん組としてのJr.時代の思い出に関するメールが来て、たくさんの楽しいエピソードを3人が話してくれました。1人が話し出すと、すぐに2人も思い出して、声が出ないほど楽しそうに笑っていて、3人の長年の絆を感じました。

 

淳太くんが、自分へのお祝いメールを、いつものメールと同じ感じでずっと自分で読んでいて、他の人に読んで欲しいと頼んでも、もちろん笑いを取るためのネタとしてですが、何度もかわされ続けていました。22時台の最後に、淳太くんが「お願い、(1時まで誕生日祭)やって!」と言うと、大爆笑の中、照史が優しく「やろうか」と答えてあげていたところに、相方愛を感じました。

 

23時台に入っても、結局淳太くんが自分でメールを読んでいましたが、照史とのやりとりのテンポの良さがますます際立っていました。「俺が読むの?」と聞く淳太くんに、照史が「ハッピーバースデー」と返すと、淳太くんが「ありがとう」と即答してメールを読み始めたので、濱ちゃんとのりさんが「反応が速い!」と笑っていました。照史のボケを、普段のレコメンの調子でスルーする淳太くんを見て、濱ちゃんが笑い続けていて、照史もフォローするように、「この時間、いつもこんな感じだから」と言っていたので、聴きながら笑ってしまいました。

 

24時台は、照史がしっかりと回しを担当して、淳太くんはたくさんのプレゼントをひとつひとつ嬉しそうに開封していました。照史、のりさん、スタッフさんたちが真剣に考えて選んだプレゼントは、どれもセンスが高くて、淳太くんがどれほど身近な人から愛されているかが伝わってきました。

開封するたびに、照史が「これは、ヒルナンデスの時に『気になる』って話してた」「淳太くんは、朝は蒸しタオルで顔を拭くから」「すいか大好きやもんなぁ」などと、それぞれにまつわる淳太くんのエピソードを披露していて、その声がほんとうに優しくて、一緒に喜んで祝っている気持ちがはっきり表れていました。

まさかの秋すいかにテンションが最も上がったものの、照史が選んだIPカメラについて、「ちょうどお母さんと『欲しい』と話していた。センスがある。(自分のことを)わかってる」と、繰り返し高い評価をしていた淳太くんの言葉には、照史への感謝が表れていたように感じました。

 

自ら高級茶をスタッフさんの分までつぎ分けたり、カットされたすいかを、のりさんや濱ちゃん、照史に先に渡している淳太くんからは、育ちの良さと礼儀正しさが伝わってきました。照史が優しく、「誕生日やねんから…」と先に食べるように促し、淳太くんも素直に応じて最初に食べていました。それほどすいかにこだわりがない照史が、「初めてすいかを美味しいと思った」と話していて、淳太くんも嬉しかっただろうな、と想像しました。

 

エンディングで31歳の抱負を聞かれて、ジャニーズWESTとしての目標をはっきり語った淳太くんの言葉から、自分のことだけではなく、周りをしっかり見て、たくさん考えていることが伝わってきて、メンバーも安心してついていけるだろう、そしてグループとしてますます活躍してくれるだろう、と確信しました。

そして、淳太くんがそうできるのは、やはりいちばん近くに相方の照史がいるからだとも思いました。これからも、目を見るだけで言葉はなくても通じ合える特別な関係が、さらに強くなっていくのをリアルタイムで知っていけることの幸せを感じています。

 

 

 

30歳最後の日に、「ライオンのあとで」を観劇に行った淳太くんが、照史の演技にどんな感想を持ったのか、次回のレコメンで聴けるのが待ち遠しいです。

 

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

視線と声に相方への気持ちが表れる、木曜日のB.A.D.。

 

こんにちは。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

 

今回は、「視線と声に相方への気持ちが表れる、木曜日のB.A.D.。」というテーマで書いていきます。

中間淳太くんと桐山照史くんが、生放送のお仕事で5時間一緒に過ごす木曜日は、B.A.D.らしい相方への思いがあふれたやりとりをたくさん見聴きすることができる、幸せな日です。

 

 

10/11のヒルナンデスのFAQコーナーで、ゲストの方と淳太くんが、椅子に7秒かけて座るというダイエット法を試していました。照史はおそらくモニターをずっと見ていて、淳太くんがふらついたあたりで優しく微笑み、まずはゲストの方に話を振った後、淳太くんに一歩近づき、「淳太くんは、4秒くらいからプルプルしてた」と笑いながら言うと、淳太くんは照史の顔をまっすぐ見ながら、「太ももの裏と下腹部が…」と説明していました。大勢の中で、2人がしっかりアイコンタクトしていたのが印象的でした。

女優ごはんのコーナーで、淳太くんは判断した理由を話す時に、少し離れて座っていた照史のほうを見ながら答えていました。予想が照史とかぶった時、「うわぁ〜…」と残念がる淳太くんのほうを見ながら、照史が「リアクションが違うんよなぁ!『やった〜』やろ!」とツッコんでいて、笑いが起こっていました。

先週はなかった「今日は何の日?」のヒントの時も、淳太くんはいつものように優しい笑顔で、照史をじっと見つめていて、最後に少し首を傾げていたのがとても可愛らしかったです。ここしばらく、淳太くんのコーナーが放送されていないので、次回こそは淳太くんのロケ映像を見てたくさんリアクションをする照史が見たいなぁ、と思っています。

 

 

レコメンでも、ヒルナンデスを凌駕する仲の良さや、相方への思いが2人の声にはっきり表れていたように感じました。

22時台のオープニングで、照史が近況に触れて、「俺、この前…」と話し始めると、淳太くんが心底優しい声で、「どうした?」と聞き返していて、早速優しさがあふれていました。おそらく舞台で精神的に疲れすぎてしまったのか、スープ春雨を間違えて作ってしまったことを説明する照史の話を聞きながら、淳太くんが「やばっ!えーっ、やっば!」と繰り返していました。

「でも、体調がどうこうとかではない。舞台も体力的には平気なはずなんだけど…。ここに来る前も、家で自分で消した電気を停電と間違えてパニクった」と照史が続けると、「相当疲れてるな」と、心配そうに答えていました。「やばい、やばいってなるんじゃなくて、面白くなってくる」と、笑いに変換できる照史に、「それでよかったよ」と、ひたすら優しく声をかけている淳太くんからは、照史の精神的な疲れをしっかり読み取っていることが伝わってきました。

その後は、お手洗いなどでひとりで失敗して笑えるシチュエーションを共感していて、2人とも楽しそうに笑っていました。タイトルコールの前に、今日のメールテーマを「気持ち込めて読んでよ」と照史に言われた淳太くんが、もう楽しくなってしまったのか、タイトルコールで「ジャニーズWESTの」と言い忘れて焦って言い直した時に、照史がとても楽しそうに笑っていて、開始10分で雰囲気の良さが既にMAXでした。

メールテーマの説明で、「ギューイーン」という言葉にかかる特殊なエコーに笑い合う2人は、素で楽しんでいるようでした。台本通り、何度も「ギューイーン」と繰り返す淳太くんに、照史が「もうええわ、ラジオ壊れたかと思うわ」とツッコんでいたのも面白かったです。

 

次週のスペシャルウィークに濱ちゃんがゲストで来ること、そして企画は淳太くんの生誕祭スペシャルだと発表されました。照史の時と同じプレゼント大会をすることになりましたが、淳太くんが「照史は別で(誕生日プレゼント)くれるから、参加しなくて大丈夫」と言っていたのを聴いて、照史がもう渡すものを決めていて、淳太くんもそれを知っているのかな、と想像しました。その直後に照史が、「でもさ、誕生日と別で俺も参加していい?」と言うと、淳太くんはとても嬉しそうな声で、「ええよ、ありがとう、ありがとう」と繰り返していて、2人の笑顔が眼に浮かぶようでした。

 

1通目から、リスナーさんの甘酸っぱいメールが届き、2人して悶絶していて可愛らしかったです。淳太くんが、「俺、誰が好きか一発でバレそう…」といったニュアンスのことを言うと、照史が「淳太くんは好意がすぐわかりそう。目がハートになるもんな。ONE PIECEのサンジみたい」と答え、2人で同時に「ナミさ〜ん」と、モノマネをしていて笑ってしまいました。

 

点呼テレフォンのリスナーさんが、彼女のいる先輩がまだ好きだ、とわかると、2人とも「無理やり奪わないほうがいい」と伝えていたところに、優しさと誠実さを感じました。照史が、「きっと別の人とも運命的な出会いをするかもしれない」と言った後、淳太くんが「男って何人いると思ってるの?35億」と、ブルゾンちえみさんのモノマネをしていました。それを受けて照史が、「すいません、ゆっくり寝てください」と淳太くんに言い、リスナーさんに「たぶんね、うちの相方、ちょっと疲れてきてますんで」と話していて、自然に出る「相方」という言葉にキュンとしました。

 

24時台オープニングでは、照史が「ギューイーン」のエコーで遊んでいるのを、淳太くんが楽しそうに見守って相槌をうっていました。

 

プロフィール帳のコーナーで、「手をついただけで肘が外れた」というリスナーさんの話を受けて、照史が「俺は毎朝起きたら肩を脱臼してる」と話すと、淳太くんもそのことをよく知っている感じで、「毎朝脱臼してんねんて」と言葉を添えていました。

 

相談コーナーでは、朝は洗顔せず、普段の全身のシャワーも3分以内で終える照史と、朝から蒸しタオルを使ってお手入れをする淳太くんという、B.A.D.らしい正反対のスタイルに笑ってしまいました。それぞれが相方の習慣をよく知っていて、お互いにツッコみ合っていたのも印象的でした。

 

この日のレコメンでは、2人が少し妬いているのかな、と思えるやりとりもありました。ヒルナンデスの後に、淳太くんの誕生日に引っ越すウノTさんの家電を一緒に買いに行く約束をしていた照史の話を聞いた淳太くんの声のトーンや、「よだか」のしげの役柄の話を淳太くんがしている時に照史がほとんどリアクションしていなかったところに、それぞれ妬いている感じが表れていたように感じました。

 

 

相方大好き!という気持ちも、ちょっと拗ねた気持ちも、視線や声のトーンにはっきり表すB.A.D.は、ほんとうにお互いのことが大切に思っていることがあらためてわかりましたし、2人とも独占欲があるのかな、とも想像しました。来週のレコメンもとても楽しみです。

 

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

相方愛をはっきり伝え合うB.A.D.が大好き。

 

こんにちは。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

 

今回は、「相方愛をはっきり伝え合うB.A.D.が大好き。」というテーマで書いていきます。

10/4のレコメンで、中間淳太くんと桐山照史くんが、お互いに相方愛をはっきり伝え合っていたシーンが何度もあり、2人の多幸感と信頼関係の強さを感じたので、このテーマを選びました。ニュアンスを順不同でまとめたいと思います。

 

 

 

先週の放送は、野球中継のために文化放送でのスタートが遅れたこともあり、オープニングからのりさんと3人でのトークでした。照史も淳太くんものりさんを頼りにしていますし、のりさんは2人をしっかり支えて、楽しい笑いをたくさん提供して、良い雰囲気にしてくれるので、3人でのトークや空気感も好きです。

でも、以前の投稿で書いたとおり、やはりB.A.D.2人だけのトークになると、2人のリラックス感や、相方とだけ話しているという絶対的な安心感が、声のトーンから伝わってくるような気がして、「桐山照史中間淳太のレコメン」ならではの空気感だ、と再認識できました。それで、図々しいとは思いつつも、もっと長い時間、2人だけでトークして欲しい、と思っていました。

 

10/4は、22時台のオープニングはB.A.D.2人だけでした。淳太くんも照史も乗馬を楽しんでいること、前日の夜中に緊急地震速報が鳴って驚いたこと、淳太くんがすぐにグループメールを送ったこと、シーサーくんも怯えて逃げようとしていたこと、照史が舞台「ライオンのあとで」を観に来た西畑くんや、歳下の俳優さんたちをイタリアンに連れて行った時のエピソードを、柔らかいトーンでテンポ良く話す2人の声を聴いていると、きっとお互いにアイコンタクトをしながら、優しい笑顔で会話しているのだろうな、と容易く想像できました。

のんちゃんと西畑くんが同い年で、のんちゃんは年齢の割にとても大人びている、と意見が一致した後、照史が、「あんまり話せないけど…スタッフさんたちと、淳太くんと一緒に食事に行って、僕がベロベロに酔っ払って迷惑かけた時に…」と話し出すと、淳太くんはとても優しく、「ううん、全然」と答えていて、ストレートな照史への愛情が伝わってきました。

 

 

淳太くんも照史も高校が男子校だったので、文化祭にまつわる甘酸っぱいエピソードのメールを読んだ後、照史が「思春期に異性と接するって大切だと思う。自分には何かが足りない気がする。だからこそここにいるのかもしれない」と言うと、淳太くんも同意して、「俺、自分には何かが欠落してると思う」と共感し合っていました。

ジャニーズという特殊な世界で、そして男子校で青春時代を過ごした2人は、もちろん普通の高校生活は送ることができなかったと思います。でも、だからこそこの2人が出会って、15年以上相方として一緒に過ごしてきて、今もアイドルとして、素敵なラジオを作り上げてくれていることは、ファンとしてとても嬉しいのです。

照史はリア恋枠、淳太くんは恋愛に不器用、というイメージがあり、プロフィール帳のコーナーでは、それぞれが「らしい」発言をしていたものの、2人とも根はとても真面目で、素直で、誠実だという共通点があると思います。それは、毎週の点呼テレフォンでリスナーさんと話している時の2人の口調や、ロケで一般の方と接する時の話し方などから、はっきり伝わってきます。大勢の芸能人やアイドルの中で、私がこの2人に特に惹かれるのは、まっすぐで紳士的な性格を垣間見せてくれるからだ、と感じました。

 

 

照史の、淳太くんへの愛が爆発していたのは、のりさんのコーナーで「ハロウィンに仮装をする?」という話が出た時でした。「淳ちゃんが言い出しっぺなら、やるよ」とのりさんが言うと、照史が「でも、10月末だと淳太くんの誕生日が近いから。俺は淳太くんの誕生日のほうがやりたい。俺の誕生日の時にやってくれたみたいに…」と、畳み掛けるように話しました。照史は、淳太くんやスタッフさんが自分の誕生日のために一生懸命企画を考えて祝ってくれた、8/30の放送がほんとうに嬉しかったことが伝わってきました。同じように淳太くんにもしてあげたい、とストレートに話す照史に、淳太くんも心底嬉しかっただろうな、と想像しました。

淳太くんの照史への思いは、24時台の相談コーナーで表れていました。照史が、先輩から呼ばれて途中から参加した飲み会で、酔っ払った人に絡まれてしまったものの、先輩の手前帰ることもできず、大変な思いをした、と話すと、淳太くんがとても優しい声で、「そうやなぁ。あれは酷い」と、照史の気持ちを受け入れていました。きっと、照史の愚痴を丁寧に聞いて、共感してあげていたのだと思います。

 

 

B.A.D.の2人は、ぱっと見は対照的に思えますが、本人たちも以前から語っているとおり、芯の部分はとてもよく似ていると思います。15年以上一緒にいて、相方が何を考えているか、どう感じているか、どうリアクションするか、どんな精神状態か、何をしたら喜ぶか、言葉にしなくても全てをわかり合っているほどの絆が、2人の間にはあります。

それでも、2人はきっと、プライベートでもたくさん話をして、経験や気持ちを共有し合って、相方を大切に思う気持ちや高く評価する気持ち、尊敬の思いを直接伝え合っているのではないか、と思うのです。それぞれがエピソードを話し始めると、相方がすぐに「ああ、あの話だ」と、詳細な状況や本人の気持ちまで理解したリアクションをすることが多々あるからです。

この日の放送でも、今月の珍味のコーナーで、照史が「俺は、飲む時にお店で唐揚げとか頼んじゃうけど、淳太くんが選ぶおつまみは渋い」と話していたのを聴いて、オープンにはしないけれど、2人で飲みに行って、楽屋でもできないような話をゆっくりすることがあるのかな、と想像しました。

 

 

 

順不同で読みづらくなってしまいましたが、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。